2020.07.31

落ち鮎ver.2020♪

季節限定モデル

【sherry weight lock 落ち鮎Ver】

 

今年も少し早めに・・・販売スタートです!

 

(*今年は新色追加!“白鮎”!!)

 

あらためまして・・・

このウエイトロックは

シェリーのもうひとつの顔!

あえて

重心移動排除→専用固定ウエイト採用

ラボスペックモデル!

 

その固定ウエイト効果は

1)着水直後から泳ぎ出す完璧な立ち上がり

2)強い流れ、反転流でも泳ぎきる安定感

3)ハードなロッドワークにも完全対応

 

この一歩踏み込んだレスポンスを

とことん発揮出来るシチュエーションのひとつ

“河川で鮎を狙う魚”を強く意識したカラーラインナップ

それが、落ち鮎verです

 

★落ち鮎(ラメマット)

(*信頼度抜群の落ち鮎マッチカラー)

 

★抱卵鮎(ラメマット)

(*雌鮎イメージ、お腹の白を強調)

 

★見栄鮎(ラメマット)

(*視認性のチャートバック&ラメボディー)

 

★白鮎(マット)新色

(*オレンジベリー&ゴーストパール効果♪)

 

ちなみに・・・このウエイトロック!

開発時の大事なこだわりポイントをひとつ!

 

Fは浮上姿勢、SSは沈下姿勢をつき詰めてます!

★Fは止めると頭を上に浮上

★SSは頭を下げて沈下

 

その角度、スピード!

手にしたアングラー様には、

ぜひチェックしてもらえると嬉しいです♪

 

 

季節限定モデル

【sherry weight lock 落ち鮎Ver】

※WEB限定商品です!

ご購入はこちらから

↓ ↓ ↓

hifumi creatingWEBshop

 

 

2020.07.21

blessのスピード!

 

「ブレスはどのスピードで巻いたら良いですか?」

 

ご質問いただきます!

オススメは・・・

 

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

・F(フローティング)

デッドスローからはじめてスピードUP

 

・SS(スローシンキング)

早めのリトリーブからスピードdown

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

なぜ?

根本にあるのは、

「出来るだけバイト数&キャッチ数を増やしたい!」

これの実現!

 

その為に

ルアー(bless)を

“魚に追わせる”ところからはじめて欲しいのです!

 

つまり

・最初にやる気(喰い気)のある魚から反応させる

・追わせることで群れから離して場荒れを防ぐ

・ルアーを追わせることでバイトに勢いをつけて深い喰い込みを誘う

・最後にイマイチ喰い気のない魚にも丁寧なアプローチ

 

これが目的です!

 

ではなぜ?

「FとSSでスピードが逆展開なのか?」

 

これには、

魚が居る場所や目線、

FとSSのスイミングレンジの差が大きく影響しています

 

 

(*blessにはFとSSタイプがあります)

 

それぞれ少し具体的に!

まずはFタイプ

Fタイプはデッドスローなら水面で引き波をたてます

このハイアピールを利用して、魚を水面へと誘い出すイメージです

(→水面へと魚を追わせます)

 

反応なければ、少しずつスピードUP!

これでブレスが少し潜るのでレンジを下げていくことが可能です

(→追い気のない魚にルアーを近づけます)

 

 

次にSSタイプ

着水と同時に水中に入ります

ここでは早めのスピードで水中を慌てて逃げるベイトをイメージ

(→水中で横方向へ魚を追わせます)

 

反応なければ、少しずつスピードdown!

これで、強いウォブリングアクションを抑えてローアピールにシフト

(→一定の強い動きを嫌がる魚にアプローチ)

 

 

いかがでしょうか?

これがブレスで釣果アップを狙えるスピード操作!

 

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

・F(フローティング)

デッドスローからはじめてスピードUP

 

・SS(スローシンキング)

早めのリトリーブからスピードdown

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

時合い、活性、流れの強弱・・・

どんどん変化するフィールドに

 

Fタイプを投げるならデッドスローから・・・

or

SSタイプを投げるなら早めのリトリーブから・・・

 

ぜひ!

blessのスピード操作をお試しください

m(_ _)m

 

 

ここから、

さらに“ブレス特有のメソッド展開”も可能!

 

・・・長くなってきましたので、この続きは次回に

(*近日中に更新予定です!!)

 

 

★bless

★bless sound+

 

★動画でもぜひアクションをご覧ください

(バイトへのイメージにつながると思います)

↓ ↓ ↓

 

2020.07.16

釣れますように・・・

 

今回は、僕がそれまでより

釣れるようになった考え(イメージ!?)

この話しを・・・

 

フィールドに立って、

魚は居そうなのに

釣れない時

 

「釣れますように・・・」

「喰ってくれ~!」

頭の中でそんな思いになりませんか?

・・・もちろん、僕も思っています(^^;)

 

でも、そこから

「何が嫌なのかな?」

こう思うようにしています

 

★何か嫌なコトがある=だから喰わない

このイメージです!

 

ちょっと具体的に

・人の存在が嫌!

・そのルアーのアクションが嫌!

・そのルアーが通るコースが嫌!

・ラインの存在が嫌!

・着水音が嫌!

・その時間が嫌!

 

そう考えると・・・

魚に嫌なコトを押し付けても

まして繰り返しても、

何も良いことありません(T_T)

(テリトリーを持つような魚なら威嚇や苛つきでルアーにアタックすることもありますが・・・)

 

ならば、

口を使ってもらうために・・・

嫌なコトを止めたり、

軽減させていくのです!

 

・人の存在が嫌→魚に見られないように離れてキャスト

・そのルアーのアクションが嫌→違うアクションを試す

・そのルアーが通るコースが嫌→ロッド位置や立ち位置を変える

・ラインの存在が嫌→細いライン(リーダー)に交換

・着水音が嫌→ポイントを直撃しない、少し間をおいてからリトリーブ

・その時間が嫌→タイミングを変えて入り直す

 

 

経験上、

水の透明度が高い状況、

人気ポイント、

何匹か釣ってスレが進行した状況

こうなると、魚が嫌がることが増えます!

 

まして、激スレポイントとなると

ひとつでも嫌なコトがあれば、

すぐに心を閉ざしてしまう超ナイーブな魚も多くなります

 

激スレポイント攻略は

一発で複合問題を解き明かすような、

そんな緊張感ある場面だったりします!

・・・その分、口を使わせた時は達成感高まりますよね♪

 

また逆に言えば・・・

ラインを嫌がっていないのに不必要に細いラインを使う必要がなくなったり

あまり人を嫌がっていないなら、水辺で迫力バイトを堪能する

フレッシュな魚には、より魚に近い展開も可能になります!

 

・適材適所

・臨機応変

・試行錯誤

自然、生き物相手の醍醐味じゃないでしょうか!?

 

いかがでしょうか?

ちょっとしたコトなのですが・・・

それまでより飛躍的に釣果UPに繋がった原動力!

 

「何が嫌なのかな?」

 

僕は、釣れない時こそ

魚が嫌がることを探りながら色々試します

 

・・・そして

hifumi creating開発の為にも

“”今の魚“”が嫌なコトを

無くせるルアーアクションを日々探しています!

 

keep creating!

2020.07.13

ブレスの音で冷静に!

 

・・・暗闇のナイトゲーム

 

【ゴボッ】

 

時折、派手に響く捕食音!

おそらく狙われているのはイナッコ!?

「これはチャンス!」

 

思いのルアーをキャスト!

しかし・・・ノーバイト

 

ルアーローテーションしてみても・・・反応なし

その間も響く捕食音!

ハイプレッシャーエリアの宿命?

濁り具合?

ベイトの密度なのか?

ボイルスポットを通しても・・・ノーバイト

 

すると、同行アングラーにヒット!

 

・・・心乱れませんか?

 

僕は、今でもこんな時はソワソワします(T_T)

 

そんな取り乱した場面で頼りにしているのが、

 

【ブレスsound+の音】!

 

 

やることはひとつ

ブレスsound+100Fを

ロッドティップを上げて水面スローリトリーブ

(*小場所、ハクの場合は60Fsound+)

 

コトコトコト♪

この音を聞くようにしています!

 

と言うのも

焦っている時、力んでいる時

どうしてもリトリーブが早くなる傾向にありませんか?

これをsound+で補正するのです!

 

つまり、

ブレスsound+を早く巻くと少し潜ってしまい

ラトル音がよく聞こえません

なので、

自分で音が聞こえるまで

リトリーブスピードを落とすのです

 

コトコトコト♪

水面で心地よいリズムで聞こえる

→これでOK♪

その時は、

水面で綺麗な引き波もたてているハズです

 

もちろん

実釣効果も抜群!

音&引き波効果で目立たせて、

ノタノタと弱ったベイトのように

移動距離をおさえたアピール!

 

【ガボッ】

上手くいけばそのまま

激しく水面への突き上げバイトを堪能出来ると思います!

 

 

(*水面デッドスローに何度も助けられてます!)

 

もし、バイトがなくても

ここまでくれば大丈夫!

気持ち的にも、動きにも

力みがぬけているハズ

 

そのまま、

ノーマルブレスに戻して同じ巻き抵抗を感じるスピードを維持する

落ち着いた心で、あらためてルアーローテーション

本来の自分らしい狙い方、

待望のバイトを引き出せる道を進めると思います

 

 

開発面からも・・・ひとコト

ブレスsound+の音合わせ

フィールドで色々試した結果を反映させています

魚の反応の良いスピードで心地よい音が出るように

ラトルルームのリブの形状、深さは何度も調整しました!

個人的には・・・

「あんなに試行錯誤した音はこんな固い音じゃなかったハズ」

フィールドで音だけに集中しすぎるコトもあります(^^;)

 

(*この位置、十リブ、深さが独自の音を奏でます)

 

いかがでしょうか?

blessサウンド+による

メンタル&ペース リカバリー

オススメします♪

 

(*ペースメーカー的にもブレスを忍ばせてます♪)

 

 

ちなみに・・・

FとSS、水平姿勢のレベルチューン

活躍のレンジ、スピードが違うので

ラトルルームの部材の球経、

材質をかえて音色を変えてたりします

お持ちの方は、ぜひ振って

ラトル音聞いてみてくださね♪

 

(*レベルチューンは水中で響く低音に♪)

 

・bless soud+

・hifumi creating WEBshop

 

2020.07.09

brougeで試して欲しいコト♪

・・・最近

多くのアングラー様から

brougeへの注目度が上昇中♪

フィールドでご投入いただけるコトが増える!

hifumi creatingとしてはホントに嬉しいです♪♪

 

 

そこで

長くご愛用いただいているアングラー様には

おさらいになると思いますが

その持ち味、魅力をより体感してもらえるよう

【brougeを手にしたらぜひ試して欲しいコト】

紹介させてもらいます♪

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

その1)テール交換によるアクション変化

その2)モビロンバンドでテール固定補強

その3)ウエイトチューン

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

 

・・・もう少し詳しく

 

その1)テール交換によるアクション変化

(*brougeには2種類のテールが付属)

 

 

(*スイムテール)

 

(*フィッシュテール)

 

このテールの使い分けで

アクション変化&マッチ・ザ・ベイトに対応します!

 

★アクションによる使い分け

・スイムテール→テールスイングのスイミングアクション

・フィッシュテール→左右へのスライドアクション

 

★ベイト(捕食している餌)による使い分け

・スイムテール→鮎、ボラ

・フィッシュテール→コノシロ、フナ、ボラ

(*状況によっては交互、変化もします)

 

 

その2)モビロンバンドによるテール固定補強

(*脂ヒレの穴に通したバンドで補強)

 

ひと手間ですが

このバンド固定により、

不意のテール外れを防ぐだけでなく

状況に合わせたり、テールローテーションなど

フィールドでテール交換が可能になります♪

 

 

その3)ウエイトチューン

(*ウエイトシールを貼ることで浮力、レンジ調節可能)

(*貼って欲しいのはこの位置!)

 

「もう少しゆっくり浮上させたい」

「もう少しレンジを下げたい」

「水中ステイさせたい」

そんなコトを可能にするウエイトチューニング!

 

そんな時は、ぜひジョイント部分に貼ってみてください♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ジョイント部に貼る効果!

★重心が下がりすぎない

★イレギュラーが入りやすくなる

★ウエイトシールがストラクチャーに触れないので剥がれにくい

 

 

いかがでしょうか?

brougeの性能、

用途を広げるためにぜひお試しください

m(_ _)m

 

 

そして最後に

一番大事なコトを最後の最後に・・・

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

リトリーブ中に時折

ストップで【間】を入れて欲しい!!

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

 

※brouge開発時に最重要視したのは

慣性力を最大限に活かすこと!

リトリーブを止めての自発的泳ぎが

brougeの強み、可能性を拡げてくれるハズです!

 

リトリーブを止めて、少し待っている間に

・・・【ゴンッ】

 

これこそが、

brougeの慣性バイト!

 

ぜひ、ご堪能ください♪♪

 

(*MCモデル210追加生産分も鋭意制作中!)

 

brouge詳細はこちら

hifumi creating WEBshop

 

 

モビロンバンド固定は動画でも

↓ ↓ ↓ ↓ ↓