2017.07.25

テールフック外しても・・・♪

 

sherry125

このルアーではボディー3カ所にフックを装着する3フックシステムを採用しています。

 

●フッキング率アップ

●絡みつくフッキングでキャッチ率アップ

●小型フックを装着出来る

・・・等々

ロングボディーにおいて3フック装着のメリットを活かしたセッティングです。

 

しかし、今回紹介させてもらうのは・・・

あえて、テールフックを外して2フックでの使用。

 

P1030138

【sherry125テールフック無しVer.】

 

やり方は簡単!

最後部のテールフックを外すだけです。

 

この簡単チューン。

 

その効果は?

結構魅力的です♪

 

●飛距離アップ

●ウォブリングアクションが強調

●フックサイズ変更可能

 

少し詳しく説明させてもらいます。

 

【飛距離アップ】

これは、テールフックを外す事でシェリー独自のテール形状効果が強調されます

初速段階のフック重量によるブレを軽減し、方向性がさらに安定する事で飛距離が向上します。

特に向かい風や横風ではその効果がアップするので、届かなかったエリアへのアプローチを可能にしてくれます。

 

 

【ウォブリングアクションが強調】

sherryは、ミディアムスピードからタイトなウォブリングを見せますが、このアクションがテールフックを外すと大きくなります。

手元にアクションがしっかりと伝わります。

また、強い流れの中を横切りながら泳がせたりも可能となります。

 

 

【フックサイズ変更可能】

通常では、(がまかつ RB MH #6)を標準装備。

基本、このままでテールフックだけを外すだけでOK!

しかし、磯場や河川でのパワーファイトが必要な時はフックサイズアップやSP MHなどへの変更も有効!

その時にテールフックを外して軽量化されているので、ウエイトに大きな変化を抑えたままフックサイズをアップ出来ます。

P1030139

(*#5~#4ぐらいまで装着可能です)

いかがでしょうか?

 

もちろん。

通常の3フックモデルがトータルバランスでは高水準

 

僕があえてこの2フックver.を使うのは具体的には下記のシチュエーションです。

①流れの強い大型河川

②磯でのヒラスズキ、マルスズキ狙い

③スレが進行したエリア

 

最後に、

「フッキング率低下しないのかな?」

こんな疑問もあると思います。

もちろん、フックの数でいえば掛かる確立は低減しています。

 

ただ、sherryが極めてベイトライクなナチュラルタイトアクション

ルアーが大きく動いていないので喰いミスが少なく、ベイトとして認識している事が多いようで、実際に、頭から腹を押さえ込もうとするバイトがほとんど。

テールフックを外す事でよりこの辺りが強調される感じです。

P1030101

(*先日の遠征でもこのフック無しVerが活躍!)

 

また、派生モデルとしてテールにシングルフックの装着もオススメです。

P1030143

P1020962

(*磯ヒラでも効果あり!)

 

同じルアーでもテールフックを外すだけで、少し違うアプローチ!

 

【sherry125テールフック無しVer.】

是非お試しください!

 

 

2017.07.19

field contact! vol.2 《秋田フィールド》

 

hifumi creatingのモノづくりのスタイル。

【魚の進化、フィールドの変化を肌で感じながら、次の可能性を形にしていく】

 

その為に続ける日々の釣行やルアーテスト。

そんなフィールドでの出来事や記録。

新たに感じた可能性などを不定期ながらこのコラムでも少し書かせてもらおうと思います。

 

 

field contact!

vol.2は《秋田フィールド》です。

 

DSC_2577

 

久しぶりに・・・秋田県までルアーテストに行ってきました!

 

以前はルアーテストや取材等で毎年のように訪れていたフィールド。

ここ数年は・・・

諸事情もあり、しばらく間が空いてました。

 

ちなみに、工房は和歌山県。

 

和歌山から秋田。

 

実際、陸路の距離では1,000キロオーバー。

 

かなりの距離です

(今回は、飛行機で移動しましたが・・・)

DSC_2545

 

なぜ?

そんな遠く離れた場所にわざわざ行くのか?

 

理由はいろいろとあります。

まず、秋田フィールドのポテンシャル、魅力の高さです♪

魚影の濃さだけでなく河川、運河、サーフ、磯・・・

あらゆるシチュエーションで狙えるのでルアーテストがより充実。

 

また、秋田は日本海側。

普段は、太平洋側で釣りをする機会が多いのですが、

魚、水質、干満差、水温変化、塩分濃度などなど

その差も実感しながら開発していくのも大事だと考えています。

やっぱり開発には日本海側、太平洋側両方のフィールドに立つ意味も大きいのです。

 

そして・・・最大の理由

 

何より【hifumi creating】のルアーを秋田フィールドで自ら泳がせてみたくなったのです。

 

 

 

そんな期待十分の秋田フィールド。

今回は5泊6日で昼夜フィールドに立って色々とテストしてきました。

 

P1030096

(*今回、最初の魚は雄物川。sherry125F テールフック外しVerで)

 

DSC_2555

(*秋田運河ではbless60SSが活躍!)

 

P1030110

(*強いバイト・・・bless 丸呑みでした)

 

DSC_2564

(*様々なプロトタイプも魚の反応を見ながらチェック!)

 

P1030126 (2)

(*ワームの釣りも経験!話題のTHREE TRAPで)

 

堪能秋田ライトゲーム1DSC_2588DSC_2558

(*合間に他の魚も・・・こちらもさすがの魚影です♪)

 

 

P1030115

(*今回の最大魚はナイトゲームで)

 

久しぶりの秋田フィールド

やはり、釣れる場所やサイズ、反応するルアーが大きく変化していたり・・・

フィールドは日々変化しているものだとあらためて実感できました。

 

そして、立場は変化しましたが、

 

再び秋田フィールドに立てた喜び

hifumi creatingのルアーで魚が掛かる実感

開発中ルアーのフィールドでの使用感

一緒に釣りをした人達と共に純粋に楽しんだり、新しい発見に驚いたり・・・

 

貴重な時間を惜しみつつ。

昼夜問わずにフィールドに立たせてもらいました。

 

「やっぱり来て良かった」

 

そんな充実のフィールドテストとなりました。

 

何より、今回得た大きなモノは・・・

秋田フィールドに立ち、新たな進化のヒントを得たプロトルアー。

さらに、新たに思いついたNEWモデルのイメージ!

早々に形にしていきたいと思います!

 

1,000キロ以上離れた秋田には、

アングラーとして、またルアー開発者としてもやっぱり貴重な体験、新たなヒントを与えてくれるフィールドでした!

様々な可能性の広がりとともに、答え合わせに近々また訪れたいと思います♪

DSC_2597

P1030123P1030131

(*昼夜問わず反応してくれたシーバス、秋田フィールドに本当に感謝です!)

 

【使用ルアー】

sherry95/125

bless60/100

・cram100SS(プロトタイプ)

sherry95/125 weight lock(ラボスペック)

・プロトルアー各種

 

 

 

2017.06.23

新登場! sherry weight lock SS(スローシンキング)!!

 

logo-hifumi-white

前回のコラムで書かせていただいた

sherry95F&125F weight lock ラボスペックモデル 新色発売!

 

 

 

そのウエイトロックに・・・

 

SS(スローシンキング)モデルが加わりました!

 

F(フローティング)の発表時にも多くのご要望を頂いたこのSSタイプ

 

もちろん

準備を進めておりました!

DSC_2464

 

重量、専用ウエイトの形状、バランス・・・

試行錯誤しながら、フィールドテストでの魚の反応はもちろん。

使用感も考慮しながら微妙な調整を繰り返しました。

そして今回も95&125ともに

 

SS用オリジナル固定ウエイト採用!

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

img-sherry95ss-spec

(*95SS用 低重心オリジナル固定ウエイト採用!)

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

img-sherry125ss-spec

(*125SS用 低重心オリジナル固定ウエイト採用!)

 

weight lock Fタイプ同様、

低重心化も実現!

 

着水後の立ち上がり重視や、

インレットや増水時の急激な流れ、ヨレでの固定ウエイトならではの安定感とレスポンス。

また、ジャークやトゥイッチなどハードなロッドワークにも対応しながらの

レンジを下げれるSSタイプ

 

sherryの可能性がさらに拡がります!

 

さらに・・・

着低姿勢にもこだわりがあります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(*95SS 水中でのステイ姿勢)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(*125SS 水中でのステイ姿勢)

写真の通り、テール側に浮力を残す事で着底時にも倒れ込まない設定。

 

これにより、根掛かりの低減だけでなく

【ボトムステイ】

【流れに乗せながらのボトムドリフト】

【ボトムステイ&スイミングのリアクションバイト】・・・等々

SSタイプならではの使い方やアレンジ攻略も可能にしています!

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(*ウエイトロックの専用印刷)

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

皆様、sherry95&125 SS ウエイトロックver.

是非フィールドでお試しください。

 

DSC_2453

DSC_2490

 

今後、Fタイプも含めてウエイトロックならではの使い方も紹介予定です♪

 

*詳しくは・・・sherry weight lock HP

 

*ラボスペックモデルはWEB販売のみの限定モデルです。

ご購入はこちらをご覧ください

tackle shop 釣超人

http://shop.tsuri-cho.jp/

2017.06.22

sherry weight lock 新色発売!

 

logo-hifumi-white

 

昨年、落ち鮎シーズンに数量限定で販売させてもらった

sherry95F&125F weight lock ラボスペックモデル

 

あえて、重心移動システムを排除。

専用固定ウエイト採用し

立ち上がり、アクションレスポンスをさらに特化させた labo’ spec チューニングモデル

詳しくは専用ページをご覧下さい

→(ラボスペックモデル

 

おかげさまで

95、125ともに

シーズン終盤の発売にも関わらず、完売となっておりました。

 

そのウエイトロック ラボスペックモデルに・・・

 

新色!

3カラーが加わります!!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

落ち鮎パターンだけでなく、

小場所、インレット、強い流れの中のドリフト、磯の強いサラシの中。

トゥイッチやジャークなどの強いロッドワーク。

また、一部本流のトラウトにも・・・

 

ノーマルとはひと味違う使い方

ノーマルとのローテーション・・・等々

 

各地からsherryウェイトロックならではの使い方や様々な釣果報告も頂いております♪

 

 

当然、

シーズンを通しての活躍を想定しての追加カラーの要望も!

 

そして、今回の新カラー登場です!!

 

新色3カラーもフィールドを強く意識したカラー。

 

さらに、ラボスペックならではの、トライアル塗料も採用しています♪

まずは、ご覧ください。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

img-sherry95ss-1

#004 MJベイト

イワシ、カタクチなどのベイトを強く意識したカラー+ベリーの強いレッドでアピール!

背中に見る角度や光の当たり方により、様々な色に変化する偏光性塗料であるマジョーラカラーを採用してライブ感を演出します。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

img-sherry95ss-2

#005 オレンジベリーPGパール

スレや偏食状況に強いゴースト系。オレンジベリーやエラのホログラムも独特です。

さらにボディー全体にローライトではグリーン系、ハイライトではピンク系に見える特殊パールを採用しています。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

img-sherry95ss-3

#006 グリーンゴールド

デイゲーム、濁り状況下の爆発的威力を感じたアングラーも多いはず。フィールドで映える高実績カラー。

加えてきめ細かなオリジナルホログラムを採用。ゴールド+乱反射でアピールします。

 

 

いかがでしょうか?

どのカラーも独自の魅力、可能性を秘めていると思います。

写真では伝わりにくい微妙な色の変化。

実際のフィールド環境下で是非、実感してみてください。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(*お腹には【labo’ spec】の専用ロゴ)

 

皆様、どうぞよろしくお願いします。

m(_ _)m

 

*詳しくは・・・sherry weight lock HP

 

*ラボスペックモデルはWEB販売のみの限定モデルです。

ご購入はこちらをご覧ください

tackle shop 釣超人

http://shop.tsuri-cho.jp/

 

 

さらに・・・

ラボスペックの展開は続きます!

 

特に要望の高かったSS(スローシンキング)モデルも販売決定!

次回のコラムで詳しく書かせてもらいます!

2017.06.11

field contact! vol.1 《磯ヒラ》

 

hifumi creatingのモノづくりのスタイル。

【魚の進化、フィールドの変化を肌で感じながら、次の可能性を形にしていく】

 

その為に続ける日々の釣行やルアーテスト。

そんなフィールドでの出来事や記録。

新たに感じた可能性などを不定期ながらこのコラムでも少し書かせてもらおうと思います。

 

 

 

field contact!

vol.1は《磯ヒラ》です。

P1020986

 

 

地元和歌山の磯で狙うヒラスズキ。

工房から少し車で走れば実績の高いフィールドが広がる恵まれた環境下♪

強風下やサラシを発生させる波。

時には少し過酷な状況でルアーを泳がせるとそのポテンシャルや強度、違う可能性を感じさせてもらえます。

そして、何より自分自身も好きな釣りなので良くフィールドに立っています!

 

そんな磯ヒラに向かったのは午前中の満潮から下げ止まりまでの潮が良く動くタイミング。

フィールドに立てば波の様子は適度なサラシも広がっていて良い感じ♪

 

P1020984 P1020981

(*1匹目、2匹目は赤っぽい魚から・・・)

 

最初は本命ヒラスズキが掛かればフックアウト。

その他の魚が掛かれば無事キャッチ。

そんな展開でしたが、3バラシ後の4ヒット目でようやくキャッチ!

 

その後はリズムが合ってきたのか?

キャッチ率があがってきました♪

 

 

P1020988

(*少しアピールを変えるのにカラーを“パワーシラス”にチェンジするとバイト増!)

 

 

P1020993

(*結局、最多バイトを得たのはsherry95SS)

 

目に付くベイトが小さかったのも影響したのか?

サラシや根の周辺でリトリーブを止めて漂わすと連続ヒット!

 

P1020994

(*sherryはやっぱり丸呑み率が高いです)

 

 

 

ちなみに、磯ヒラでsherry95のフックセッティング。

時に強引なファイトも必要なので色々試しましたが・・・

 

DSC_2432

今のところ磯では95はF&SSともに

《フロントにがまかつ SP MH #6,リアにSP MH #7》

この設定を多用中です♪

 

 

 

P1030002

(*この日締めの1匹は長~い魚のダツ・・・歯がかなり暴力的です)

 

時間の限りランガンスタイルでポイントを動き回り、タイミング良くベイトが集まっているエリアにも立てたので好反応♪

充実のフィールドタイムとなりました。

 

この日は、目に付いたベイトのサイズが5センチ弱と小さめだったのが影響したのか?

シルエットのぼかせるクリアー系カラーや、ルアーサイズによる反応も明確な差が出てました。

さらに、あまりリトリーブ中のバイトは無く、巻かずにルアーを漂わす動きに強烈バイトが集中してました♪

 

【使用ルアー】

・cram100F/SS(プロトタイプ)

sherry95/125SS weight lock(プロトタイプ)

bless100F

sherry95F/SS