2019.11.15

level tune カラー詳細!

 

本日、19時より販売スタート!

 

labo’spec新製品

【bless level tune】

 

コラム(新製品bless level tune!!)

 

初回3カラーのご紹介です!

 

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

■ラメメタルコノシロ

独特の輝きを放つ微粒子ラメボディーベースのベイト系カラー!

チャートヘッド、背中には蛍光ピンクライン採用でアングラーの視認性も抜群!

ルアー位置を把握することでアクションの間やチェイスを目視できるチャンスが広がります!

(*ラメボディーにベイト系カラー)

(*視認性UPのチャート&ピンク)

(*輝きを強調するベリー仕上げ)

 

■レッドヘッドパール

定番!王道カラーのひとつ

時に圧倒的威力を発揮するその効果、実績を継承しつつ

ここでは真紅のヘッド、輝きの強いパールを採用!

(*王道レッドヘッドパール)

(*真紅のレッドヘッド)

(*パールの輝にも♪)

 

■レンズゴールドチャート

濁り、マズメなどでも効果を見せるゴールドチャート

ボディーにレンズホロを採用!

乱反射効果も期待できます

(*レンズホロ×ゴールドボディー)

(*オレンジヘッドも特徴のひとつ)

(*ベリーとのメリハリ効果も)

 

3色ともフィールド状況にマッチすれば効果抜群!

ぜひ、お試しくださいね

 

 

 

 

11/15(金)

19時より

hifumi creatingWEBshop限定で販売スタートです

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

hifumi creatingWEBshop

(*本日より新製品販売記念、ポイント2倍キャンペーン中!)

 

 

2019.11.12

新製品!bless level tune!!

 

特化性能、特殊用途・・・

そんなマニアックなチューニングモデル!

labo’spec(ラボスペック)

新たなアイテムが登場!

 

新製品

【bless level tune】

 

 

★level tune = 第3のbless!!

#姿勢が違う

#泳ぎが違う

#フォールスピードが違う

#潜行軌道が違う

#音が違う

 

★level tune 活躍シーン

・甲殻類、ハゼを意識したボトムノック&コンタクト

・トゥイッチ&ジャークのハードなロッドアクション

・水門、流れ込み、小場所

 

 

(*水中での水平姿勢が最大の特徴)

 

 

実は、このレベル(=水平)チューン

発端はアカメを狙うアングラーからの声

ブレスを販売してしばらくすると・・・

「bless100SS アカメ狙いで良い思いさせてもらってます」

・・・しばらくするとまた別のアングラーからも同じような話

 

どうも、使い方はボトムトレースやストップ&ゴー

blessの高アピール力を活かしたメリハリが効果的とのコト♪

 

(*送っていただいた貴重なアカメの釣果写真!bless丸呑みです!)

 

そんな中、

「もう1番手フックサイズ上げて同じように使いたい」

「リフト&フォールでもう少しゆっくり沈めたい」

「トゥイッチの時もう少しイレギュラー入って欲しい」

こんな踏み込んだ声も届けてもらえるようになりました

・・・チューンしてみよう!

これが【bless level tune】のキッカケです

 

(*フックサイズUP&太軸フック!にも対応)

 

 

■level=水平姿勢

フォール時や止めた瞬間の水平姿勢が最大の特徴!

その為、ボディー全体が水圧を受けるので高抵抗

通常のSSモデルよりもフォールスピードが少し遅くなっています

フックサイズUPや太軸への変更でも沈むスピードが抑えられ

逆にフックサイズを小さくすれば、デッドスローシンキングも可能です!

「フォール姿勢をよりゆっくり見せて喰わせる」

「連続トゥイッチへの対応」・・・等々

水平姿勢が活きるシチュエーションでは効果抜群です

 

 

■潜ろうとする軌道

blessFやSSよりも潜る力を高めています

その為、リトリーブ直後の潜行軌道が深くなります

少し足場が高い場所、

水門や流れ込みなど強い流れの下に素早く潜行させたい時に最適です

 

 

■捕食サウンド

サウンド+とは違うラトル音!

サウンド+が集魚効果に寄せた高音域に対して、

このlevel tuneの音域は重低音

ワンアクション初動時に“捕食のキッカケ、誘発音“がコンセプトです

 

 

また、ブレス100にリンクするように

ブレス60も水平チューニング!

こちらも効果抜群!

 

デイゲームでの高速リトリーブや軽快なトゥイッチ

甲殻類やハゼを意識したボトムコンタクト

テスト段階から圧倒的なアドバンテージを感じる場面も多かったです!!

 

 

(*デイではスピードレンジをあげた、連続イレギュラーアクションが効果的♪)

 

 

(*ナイトでは、シャローエリアのボトムコンタクトもおススメです♪)

 

 

 

bless好き、使い手さんには是非使ってもらいたい!

【bless level tune】

blessの活躍、攻略場面の拡がりをぜひご堪能ください!!

 

 

=========================

2019/11/15(金)

19時より

hifumi creating WEBshopにて販売スタート予定です

=========================

 

 

<spec>

bless100SS level tune

  • Length:100mm
  • Weight:25.5g
  • Range:50~100cm
  • Type:スローシンキング
  • Hook:がまかつ トレブル SP MH #4
  • Ring:#4
  • Price:2,400+tax

 

bless60SS level tune

  • Length:60mm
  • Weight:6.2g
  • Range:50~80cm
  • Type:スローシンキング
  • Hook:がまかつ トレブル RB Mショートシャンク #10
  • Ring:#2
  • Price:2,200+tax

 

 

2019.11.04

それでも・・・

 

 

「先行者が叩いたあとのエントリー」

「釣友、先輩に遠慮してメインポイントを譲った」

「仕事の都合で時合いに間に合わない」

「単独釣行で何も情報がない」

・・・そんな経験ないでしょうか?

 

僕自身も、

昔からこのような経験を何度も重ねてきています

 

「さんざん叩かれた後、今日は無理かな~」

ポイント、立ち位置、時合い、情報・・・

やはり、釣りで釣果に直結する、本当に重要な要素です

 

・・・それでも

それが全てと言ってしまうと

“ルアーで狙う釣りの世界”

少し閉塞感を感じてしまいます

 

アングラーとしてフィールドに立てる

個々の限られた貴重な時間

例え条件が揃わなくても

良いポイントに最初に入れなくても

「釣れそう!釣れるかも!」

そう思ってキャストして欲しい!

 

それを具現化する為に、

日々hifumi creatingのルアー創りを続けています!

 

 

この為

少し誤解を招く言い方になりますが、

hifumiのルアーは

「誰が使っても同じ動き、性能ではありません」

 

「えっダメじゃない!?」

確かにこれって商業的にはタブーでありハイリスク

なぜなら

理解されなれけば、クレーム対象にもなりかねません

 

・・・ただ

◆ルアーを操作する楽しさ、可能性

◆魚を出来るだけスレさせない

◆スレた魚にも口を使ってもらうアクション

ここにhifumi creatingとして大きな意味合いを込めています

 

理想とするのは

アングラーの技量(意図)× ルアー性能(アクション)=釣果(魚の反応)

 

アングラーの技量(意図)が違う、変化するように

ルアー性能(アクション)も使う人によって変化して欲しい

これを具現化しています

 

変化×変化の相乗効果により、

より複雑で大きな変化や効果、

より個性的な動きを狙っているのです

 

実際、

魚はどんどんルアーを見切っていきます

「スレた」という表現にもなりますが、

最初効果的だったルアーも時間の経過とともに反応が鈍っていきます

それが単純、規則性があるほど、

使う人が増えれば増えるほどそのスピードは速くなる印象です

 

なので、これを軽減、

または違うアプローチが出来るように

hifumi creatingでは

アングラーの意図、操作によるアクション変化をかなり高めているのです

 

いわば

【 hifumi ルアー = 自由度の極めて高いリミッターカットモデル 】

 

・リトリーブスピードを変化させてみる

・止めてみる

・漂わせてみる

・ロッドアクションを加えてみる

・・・等々

 

ぜひ、色々とお試しください

それらを受け止め、変化させるポテンシャル

アングラー自身の間や強弱を際立たせるメリハリ

 

そこから導きだした

唯一無二

自分自身のオリジナルアクションで

hifumi creatingルアーを演出してみて欲しいのです

 

 

・・・かならず

個性的、独創的なアクション!

そのアクションが引き出す劇的な魚に出会えると思います!!

 

「自分のアクションで口を使わせた」

そんな記憶に残る魚に出会うアシストルアーになれば・・・

 

開発者として

そう願っております!!

 

 

(*sherryは特にアクション変化を大きく反映出来るモデル)

 

(*blessはメリハリ&セパレートリップシステム搭載の多様性)

 

(*cramはストップ、ドリフト時の姿勢にも)

 

 

(*brougeはジョイント効果による慣性力)

 

 

(*ウッドモデルにもその個性能はあります)

2019.10.26

売ってない問題!

 

ウッドルアー新製品!

「rayrea(レイリア)」販売スタート!

おかげさまで大きな反響をいただき、

即完売!

ただ今、次のロット鋭意制作中です!!

 

 

しかし・・・その一方もうひとつの問題発生しています

それは、

【brouge売ってない問題】

 

ここ最近、特にお問い合わせいただくのが

「ブルージュ売ってないです、どこで買えますか?」

 

落ち鮎やベイトの大型化しているこれからのシーズンにベストマッチ!

さらに、ブルージュの慣性力を活かして漂わせたり、

ロッドアクションで喰わせのタイミングを使って釣果を伸ばすアングラーの出現!

ブルージュが拡がっている様子!

本当に嬉しいかぎりです♪♪

 

しかし、近所のお店はもちろん、WEBショップ展開されているお店の方もほぼ欠品中!

「いったいどこで買えるのですか?」

 

・・・ほんとに申し訳ありません

実際、

自社WEBショップのWEB限定モデルも、欠品がめだっております(T_T)

 

そんな問題ですが・・・

ほんの少しですがご注文いただいているお店に

来週早々に出荷予定しております

(*早ければ来週中頃から店頭に並ぶと思います)

 

 

brouge活躍必至のこれからのシーズン!

もう少しだけお待ちください

m(_ _)m

 

・brouge flex&WEB限定モデルはこちら

hifumi creatingWEBshop

 

 

(*先日の釣行でも、ブルージュ完全丸呑みバイト!)

 

2019.10.21

hifumi creating 4周年!

 

本日、2019/10/21

hifumi creatingスタートから丸4年!

4周年記念日です!

 

 

ありがとうございます

特化性能や、使い方を選んだり・・・

マニアックな一面を持つルアーをリリースしながら歩む道、

ここまで続けられているのは支えていただいているアングラーのみなさまのおかげです

本当に 感謝、感謝しております。

m(_ _)m

 

・・・この1年も

日々、ルアーに対しては試行錯誤、繰り返しの確認、修正

(デザイン、設計、切削)

間違いなく、過去最長時間を工房で過ごさせていただきました

決して効率的な開発方法ではありませんが、

それでも、この4年間費やしたコトの蓄積

それがどんどん形になり、

完成度を高めた新たなルアー達がスタンバイしております♪

 

その中のひとつ

この4周年記念に合わせて

念願のひとつ 【 Wood model 】の販売もついに実現しました!

 

(*4周年記念日に販売スタート♪)

 

・・・おかげさまで

販売開始早々に初回生産分は完売となりました!

4周年目の本日、hifumi creatingご愛用アングラー様の熱量を十分に感じさせていただき

より一層、開発にも力が入ります!

 

 

さて、5年目のスタート!

“Keep creating!!”

 

この4年で繰り返し、磨き上げた数々のプロトルアーを基軸に

・新製品の発表!

・新たに加わったウッドルアーの展開!

・さらに踏み込んだラボスペックモデルの発表!

・・・等々

 

くわえて

イベントや全国のフィールドで直接アングラー様とご一緒出来る機会も増やしながら

今年はhifumi creatingに新たな動きを出していきたいと思っています

 

今後ともhifumi creating

どうぞよろしくお願いします

m(_ _)m

 

 

(*hifumi creatingWEBshopでは4周年記念!ポイント4倍キャンペーン中)