2018.09.09

新2フックセッティング 詳細!

 

先日のコラムでも

活躍したsherry125の2フック新セッティング!

→(フィールドコンタクトvol.11)

 

(*sherry125大活躍!)

 

今日は

その “効果と使いどころ” を少し書かせてもらいます!

 

まずは

この2フック仕様へのチューニング方法 >>>

 

ステップ1)テールフックを外す

ステップ2)真ん中のフックをRBMH#6からSPMH#4に交換

 

・・・以上、終了です(^^)

 

そして、とにかく1度キャストしてみて欲しいのです

 

「あれっ飛距離伸びた!?」

 

そして、リトリーブを始めると

 

「立ち上がり早い!?」

「ブルブル感強くなったかも!?」

 

まずは、ファーストキャストからこう感じると思います

 

そして、実釣面でも

「キャッチ率あがった!」

そんな効果も実感出来ると思います

 

そんなんです♪

すぐに体感出来る変化があるのです♪♪

 

===========================

〈2フック化のメリット!〉

・飛距離UP

・アクション立ち上がり向上

・パワーファイトへの安心感

・テンションレスドリフトでの姿勢向上

===========================

こんな効果♪

 

とにかく、

コレは実践、実感してもらえるのが何より早いと思います♪

 

(*新2フックセッティング)

 

そもそも

僕がシェリー125の2フックを多用するようになったキッカケは

ベイトに寄せたナチュラルアクションの影響!?

上手くマッチしている時は頭、腹を狙う喰い方がほとんど

 

結果的にフロント、センターのみにフッキングするコトが多く、

リアフックが掛かっていない

こんな状態で多くの魚をキャッチしているうちに・・・

「シェリー125のテールフック無しでも掛かる率下がらないのかも?」

そんな疑問(可能性)が浮かんだからです

 

そこで試し始めたテールフック外し

その効果は上々♪

 

・飛行姿勢向上で飛距離アップ

・口の中に入る率アップ

少し懸念していたフッキング率低下も感じられるコトもありません

また、余ったテールフックがスペアーフックとして温存可能のおまけつき(^^)

すぐに気に入ってしまいました!

 

(*高確率で口の中に)

 

ただ・・・

テールフック外しに全く違和感が無かったわけでもありません

 

違和感1)重心が前方寄りに(フロントヘビー)

違和感2)リアテール分ウエイトがわずかに軽量化

 

当然、テールフックを外すことにより重心が前方に寄ります

「テンションドリフトは全く問題ないけど・・・フリーの時に少し頭下がりすぎかも」

 

また、テールフックを外しているわけですから、その分軽量化

「水絡み感が微妙に違う」

 

ほんとにちょっとしたコトですが、気になってました

 

そこで、改良すべく試行錯誤、模索の中

この新たなセッティングに行き着いたのです!

これなら違和感が解消されてます♪

 

(*センターフックのみ#4にサイズアップ)

 

 

この2フック仕様ならではのセッティング!

まだまだ魅力は続きます♪

 

それは、

遠投先での立ち上がり!

フルキャスト先ではその分ラインスラックも発生します

そんな時、この2フックの場合、

テールフックが無いので初動のローリングが出やすく、早く水に馴染みます

 

つまり

ルアー側からもラインを引っ張る力が発生するので

より早くラインスラックが解消される効果アリ!

 

さらに、

魚に掛かる率の高いセンターフックの番手をアップさせるので

フック強度UP、刺さりも深くなるので

キャッチ率も向上!

 

つまり

・遠投先でのアクション立ち上がりUP!

・ドリフト時の姿勢が向上!

・バラシが軽減!

2フックならではの効果、違いが明確化♪♪

 

 

 

もちろん、

・絡みつくフッキング

・フラフラと漂うアクションのナチュラル感

・・・等々のトータルバランスが良いのは

標準装備の3フック仕様

僕もいつもいつも2フックではなく、3フック使い分けています

 

 

(*2or3フックの使い分けで釣果UP!)

 

つまり、

sherry125の2フックには3フックとは異なる効果、使いどころがあるのです♪

 

具体的には

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

★ポイントが遠い

★大型河川や増水時に強いヨレが絡むポイント

★磯やテトラ際のパワーファイトを要する

そんなシチュエーションではこの新2フック仕様をぜひお試しください!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

 

 

 

・・・理由や効果は色々書かせてもらいましたが、

シェリー125の新2フック仕様

 

「とにかく、いや絶対に試して欲しい!!」

 

そんな一言を伝えたかったコラムです

m(_ _)m

 

 

 

 

 

(*sherry125の別の顔?2フック仕様オススメです!)

 

 

2018.09.08

field contact! vol.11 《新セッティング!》

 

地元和歌山では、

雨による濁り+今年特に多いと言われている鮎が増水で流されたり・・・

只今、リバーシーバスが好調♪

その恩恵で、いろんなルアーテストが出来ています!

 

(*ブルージュも大活躍中!)

 

 

そんな中、この日はあるテーマを持ってフィールドに

それは・・・

【sherry125 新フックセッティング】

 

以前のコラムにも書かせてもらった通り

→〈テールフック外しても・・・♪〉

僕自身、シェリー125をテールフックを外しての使用頻度がかなり上がっています

・飛行姿勢安定

・飛距離アップ

・アクション強調

その効果絶大です♪

 

ただ・・・

単に外すだけでなく、2フックならではのセッティング無いかな?

 

そんな思いがあり、

フィールドで魚を掛けながら、使用感を確かめながらの試行錯誤を続けてました!

そして、いよいよ煮詰まってきたセッティングがあるのです♪

 

(*センターにSPMH#4)

これがそのセッティング!

見た目は少しアンバランスですが…効果は🎵

 

 

==================================

さてさて・・・

フィールドに到着!

濁り、水量も良い感じ🎵

期待十分で実釣スタート!

 

そして、結果はすぐに♪

 

(*何と到着1投目でのヒット!)

 

「今日は連発かも♪」

そんな期待を持たせてくれる1匹目をリリースしてすぐに2バイト目!

この魚はすぐにバラしてしまいましたが・・・

しばらくすると2匹目をキャッチ!

幸先良いスタート!

 

(*もちろん、ノーマルRBMH#6でも)

 

しかし、そんなに甘くない

そこからは反応の薄い時間に突入

でも、バイトやポロッと釣れるので魚は居る感じ

 

活性が上がっていないのか?

釣り方が合っていないのか?

打破すべく色々と試していきます!

 

もちろん、その間もフックを色々変えてみながらアクションの質やスイミング姿勢をチェック

固定概念や決めつけにならないように・・・

何度もフックを外して色んな番手に変えて投入

遠目には、めちゃくちゃフックに神経質な人に見えたかもです(^_^;)

 

「やっぱりこのセッティングがしっくりくる」

冷静に判断して

本命セッティングが飛行姿勢や遠投先での立ち上がりも良い感じです

 

あとは、この日に魚に合わせた釣り方

連日、アングラーも多い場所

それに、この日は水量も多く流れも強め

 

「水を横切るラインの存在を気にしてるかも?」

そこで、

時折、わざとラインスラックを出してテンションを抜くドリフトを試し始めると

【ゴンッ】

明確バイトが出るようになってきました!!

 

(*強いバイト!)

 

そして・・・

このメソッドを流れの変化を探しながら徹底していると、

定期的にバイトがある状況に♪

 

 

 

(*喰い方が抜群!)

 

(*ガツン!!)

 

(*多少強引に寄せても#4フックの強度に安心感)

 

 

何でも、何処でも喰ってくれる状況では無かった分

飛距離、アクションの質や手元に伝わる感触に対する集中力も持続!

 

・飛行姿勢の安定感

・着水からの立ち上がり

・バイトの出方

・魚の喰いこみ具合

 

・・・やっぱり遠投重視のフィールドではこのセッティングがしっくりくる!

 

結果的に

2フックセッティングにあらためて確信を得た貴重な釣行となりました!!

 

(*新2フックセッティング確信に繋がる1匹!)

 

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

*遠投&パワーファイト向け

sherry125 新提案フックセッティング

・フロントフック→RBMH#6

・センターフック→SPMH#4

・リアフック→無し

是非、お試しください♪

(*後日、もう少しその効果と狙いを詳しく書かせてもらいます)

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

 

★タックル

・ロッド:9フィートMLクラス(プロト)

・リール:モアザン-LBD2510PE(ダイワ)

・ライン:完全シーバス1.5号(クレハ)

・リーダー:16lb

・ルアー:sherry125F/SS/brouge190SS

2018.09.02

第2弾ステッカー発表!!

 

hifumi creatingWEBshop

ステッカープレゼントキャンペーン

 

第2弾デザイン準備できました!!

 

(*ラボスペックロゴ)

 

今回は、ラボスペックステッカー

イメージカラーのブラックベースに

つや消しの“マットコート”を採用しました!

 

★サイズは 約130×35mm

前回より少し大きめ・・・

 

(*sherry125よりちょっと大きなサイズ)

 

 

いかがでしょうか?

ちなみに、こちらも数量限定

多めに作ってますが・・・・

無くなり次第の終了?切り替え?となります

m(_ _)m

 

 

そろそろ・・・

このラボスペックステッカーになりそうです!

 

 

ステッカーがもらえるキャンペーン中!

ぜひ、ご来店ください

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

hifumi creating WEBshop

2018.08.31

weight lock落ち鮎モデル2018

 

今日は、少し気の早い?

 

〈 sherry weight lock落ち鮎モデル2018 〉のお知らせです!

 

(*今年はかなり早めに♪)

 

「えっ!?もう落ち鮎シーズン?」

いえいえ

ちょっとワケありまして・・・

 

まずは、ちょっとおさらいになるかもしれませんが・・・

sherry weigt lockとは

重心移動システムを排除して専用固定ウエイトを採用した“ラボスペックモデル”

 

(*Fタイプ内部ウエイト)

 

(*SSタイプ内部ウエイト)

 

その効果は・・・

★シェリーウエイトロックのストロングポイント

固定ウエイトならではの着水直後から泳ぎ出す完璧な立ち上がり!

  • 河川中流域や強い反転流の中でも泳ぎ切る安定感
  • ハードなロッドワークにも完全対応
  • Fタイプは頭を持ち上げながら浮き上がる独自の浮上姿勢がスレた魚に効く
  • SSタイプはボトムを漂うようにドリフトが可能

 

この効果を強烈に発揮する

“落ち鮎×シェリーウエイトロック”の組合わせ

これにマッチする厳選カラーをシーズン限定で準備したのが

“シェリーウエイトロック落ち鮎モデル”

 

 

 

ただ・・・このシーズン限定企画

・2016年:落ち鮎シーズン最終盤での販売スタート

・2017年:生産数少なく、タイミングを逃して再入荷無し

 

そうなんです

過去2年は生産のタイミング、数量が全く噛み合わず

使って欲しいタイミングで

十分なアナウンス、準備ができませんでした(T_T)

 

 

とうぜん・・・

「販売した時はもうシーズン終わってました」

「これから良いタイミングなのに手に入らないのですか?」

「欲しいタイミングで無かった」

・・・色々言われてしまいました(結構、きつめにも・・・)

当然です。

 

そして、3年目の今年

「2度あることは3度ある」

・・・・ではなく

 

もちろん

「3度目の正直!」

となるように今年は、かな~り前々から準備整えてきました!

 

そうです!

2018年落ち鮎モデルはもう準備万端なのです!!

 

しかも、今年は少しだけカラーにも変化を加えてます!

ボディーベースに微細なラメを加えました

水中で派手過ぎない乱反射を生む超微細ラメ採用で独特の輝きを放ちます!

 

★抱卵鮎(ラメマット)

 

★落ち鮎(ラメマット)

 

★見栄鮎(ラメマット)

 

もちろん、

既存のシェリーウエイトロックVer.にフルラインナップです

★sherry95F weight lock

★sherry95SS weight lock

★sherry125F weight lock

★sherry125SS weight lock

 

シーズン、サイズ、活性に合わせて使い分け可能です!

 

(*sherry95F/SSweight lock)

 

(*sherry125F/SSweight lock)

 

 

もちろん、

準備だけ整えて油断するわけにはいきません(^_^;)

まだまだ元気な鮎が泳いでいるシーズンだと思いますが・・・

 

===============================

weight lock落ち鮎モデル2018

フライング気味ですが

 

WEBショップ限定で

本日8/31日(金)より販売スタートさせてもらいます!

===============================

 

 

(*落ち鮎×ウエイトロックはやっぱり相性抜群です!)

 

今年も始まる落ち鮎シーズンに先駆けて・・・

〈 sherry weight lock落ち鮎モデル2018 〉

 

 

 

また、

WEBショップで欠品しておりました

・トライアルカラー(ブレス100F/SSsound+& 60F/SSsound+)

・ブルージュ190F/SS(WEB先行販売モデル)

再入荷しております!

 

ぜひ、ご来店ください

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

hifumi creating WEBshop

sherry weight lock(ラボスペック)

 

2018.08.29

field contact! vol.10 《タイリクスズキ?》

 

前日の雨効果に期待して・・・

地元和歌山の河川にナイトゲーム釣行してきました!

狙いはヒラスズキ!

 

フィールドに着くと思ったより流れは弱いものの、濁りは十分♪

さっそく〈brouge190F〉で探っていきます!

アピール力&リトリーブ抵抗の強さをいかして

やる気のある大型魚と流れの状況をいち早く探る狙いです

 

立ち位置、キャストコースをどんどん変化させていきます

手元に伝わる感触からして・・・

 

「やっぱり流れが弱い」

 

次は〈bless100Fsound+〉で表層をチェック

ロッドティップを上げてデッドスローで引き波&サウンドのハイアピール

 

しかし、

あまり流れの影響を受けずに素直なリトリーブコースで手元に戻ってきます

・・・表層の変化も弱い感じ

 

全く反応もないので、

ナチュラルアピールの〈sherry95F〉にルアーローテーション

弱いながらもヨレや流れの変化を探っていきます

 

【ゴッ】

ファーストバイト!

フッキングを決めるとすぐに【バシャバシャ】とエラ洗いをみせてくれたのはヒラセイゴ

 

〈*ファーストフィッシュはカワイイサイズ〉

 

バイトがあったコトで集中力もUP!

同様に攻めて3匹キャッチしたものの、サイズはそのまま・・・

 

〈*キビレも反応♪〉

 

相変わらず流れにメリハリもないので

思い切って

ワンランク上のハイアピールを試します!

 

投入したのはプロトタイプの〈blessビッグサイズモデル〉

この前の改良でさらに水押し感を向上させたのを試してみます

 

イメージ的には、こちらから強いアピールで仕掛ける感じ

水面の引き波、リトリーブ抵抗の圧倒的感触を確認しながら探っていると・・・

 

【ガシュ】

 

水面をウネウネと泳ぐビッグルアーにバイト!

 

フッキングも決まって伝わる重量感も十分

慎重にファイトしていきます

めずらしくエラ洗いを見せないままの攻防

上手く寄せれたのでランディングに備えてヘッドライトを付けると・・・

 

「えっ!?ヒラスズキじゃなくてマルスズキ?」

このポイントでは、今までヒラスズキしか釣っていなかったのでちょっとしたサプライズ

 

(*ビッグサイズのルアーに果敢にアタック♪)

 

 

「この場所にマルスズキも居るねんな~」

無事ランディングした魚を見ながら撮影していると

 

「あれ?ちょっと顔つきが違う?」

 

「もしかして?」

やっぱり

背中や背びれには黒の斑点を確認!

 

どうやら、タイリクスズキのようです!

〈*顔つきも丸みがある感じ〉

 

 

〈*このサイズで斑点がキッチリ残ってます〉

 

やっぱり、釣りをしているといろんなコトがありますね~

和歌山でタイリクスズキ!?

 

ちょっとしたサプライズ釣行となりました!

 

 

★タックル

・ロッド:9フィートMLクラス(プロト)

・リール:モアザン-LBD2510PE(ダイワ)

・ライン:完全シーバス1.5号(クレハ)

・リーダー:20lb

・ルアー:brouge190F/bless100Fsound+sherry95F/bless bigsize(プロト)